本家チェコの伝統的な注ぎ方「ハラディンカ(Hladinka)」

ウルケル情報

程よく炭酸が抜け、滑らかでビールの旨味(苦味・甘味・泡の甘みなど)のバランスがとっても良い「ハラディンカ(Hladinka)」。

適度に炭酸を抜きながら一度で仕上げる注ぎ方でビールの味わいを引き出すこの注ぎ方は、本家チェコの伝統的な注ぎ方になります!

日本では、キンキンに冷えたビールや炭酸強めでのど越し重視のビールが多いですが、ピルスナーウルケルは適度に炭酸を抜き味わいを楽しむビールでもあるんです。

お店では「とりあえず、ハラディンカで!」という声を良く聞きます!

ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋_08

 

この投稿をInstagramで見る

 

nocco(@nocco_travel)がシェアした投稿

日本でよく飲まれる「生ビール」は、ほとんどの場合が「ビールを入れてから、泡をのせる」というケースが多いと思いますが、ハラディンカは泡の下にビールを注ぎます。

上の写真は、泡の下にビールを注いでいる様子です!

ピルスナーウルケル ハラディンカ(Hladinka)

泡の量は「3finger」と決まっているのも特徴的。

泡にもこだわったピルスナーウルケルの定番の注ぎ方です!


スポンサーリンク