串焼き好き必見!クシクモでピルスナーウルケルとハイクオリティな焼き鳥とジビエ料理を!

松戸駅西口から徒歩3分のところにある「クシクモ」へ行ってきました。

クシクモ最大の特徴は”味へのこだわり”かなと感じています。

元バーテンダーであるオーナーがひとりで切り盛りするお店でして「料理は、まだまだ勉強中です!」とおっしゃっていましたが、もはや絶品としか言えない料理の数々!

食材の味わいや香りの扱いが繊細と言えばいいのでしょうか。そこには、元バーテンダーだからこその感覚があるように思いました。

また、ジビエと樽生ピルスナーウルケル(空冷式)が楽しめるという独自性も相まって、一瞬でファンになってしまいましたよ!

詳細をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

串焼きとジビエがあるBAR

クシクモの入口

クシクモは、業態としてはバーになります。

「バーって、ちょっと入りにくいよね・・・」という方も多いかもしれませんが、柔らかい雰囲気のオーナーさんが運営されていて、肩肘はらずのんびりとお酒や料理を楽しめると思いますよ!

バー初体験の方も、クシクモなら安心ですね。

カウンターには、かなりの数のお酒たち。奥に見える棚にはワインなども。
お酒の準備や調理まで、基本的にはおひとりでされています。

この日は、早い時間にお邪魔したことおもあり、料理やお酒のこだわりについて色々お話を聞くことができました。

とても楽しかったです。

また、お酒のレパートリーも多く「酒(ウイスキー)+旨み(椎茸)」といった珍しい組み合わせも展開しており、非常に楽しかったです!

クシクモのメニュー

基本メニュー
ジビエや一品料理。仕入れ状況によって内容が変わる場合があります。

基本メニューに加え、仕入れ状況に合わせてジビエや一品料理を楽しむことができます。

バーだけど食事もかなり美味しいので、お酒と食事をどちらも楽しんだとすると「お酒3杯+焼き鳥おまかせ(5本)+ジビエ串+一品料理」で、6,000円前後といった感じでしょうか。

組み合わせによって3,000円前後でも十分楽しめると思います。

また、もうちょっと飲みたいな・・・という方の2軒目として、ジビエ串や一品料理と1杯なんてのもおすすめですよ。

旨みを加えたお酒が飲めるのも特徴の1つ!
左:こだわりレモンサワー!、右:ピルスナーウルケル+カンパリ

お酒についてもオーナーさんのこだわりが光っており、「酒+旨み」を楽しむことができます。

例えば、ウイスキーに椎茸や昆布、番茶などを漬け込んでいるなど、旨み成分をお酒に加えることで、普段とは違った1杯を飲むことができます。

また、レモンサワーに使う自家製レモン酒は、熊本産のレモン2kgをスピリタス(ウォッカ)で漬け込んでいます。

オーナー
スピリタスで漬け込むことで、アルコールの浸透圧だけでレモンの味わいや旨みを抽出しています。一般的な果実酒は大量の砂糖などを使用しているかと思いますが、いっさい使用していません。

レモンサワーにした時に、飲んだ時のアルコール感が少なく、非常に味わいの良い1杯ができるんです。

糖類、香味料を使って作るレモンサワーの味わいは、絶対にレモン以上にはならないですよね?1900円以上のお酒を出しているので、こだわられるところまでこだわっていきたいと思っています。

こちらは、白州ハイボールにピルスナーウルケルの泡をのせるという独特すぎる1杯!

ピルスナーウルケルの旨み成分がハイボールとよく合うんですよ。これには驚きました。

泡の量で雰囲気が変わるそうで、オーナーおすすめの配分でいただきます!

樽生ピルスナーウルケル(空冷式)で乾杯!

炭酸感・泡の食感・味わいなどとっても好みだったピルスナーウルケル。松戸でうまいビール、飲めますよ・・・!

基本的には、どの料理にも相性は良いと思いますが、悩んだら「ピルスナーウルケルと相性の良い料理を!」と注文してみてくださいね。

本記事でも、相性の良かった料理を紹介していきます。

クシクモの料理

この日、注文した料理を全種類ご紹介していきます。

バーなのに、というと色々な語弊があると思いますが、串焼き1つ1つのクオリティの高さに本当に驚きました・・・!

また、ジビエ料理も激うま。

猪のしゅうまい

猪のお肉を使ったしゅうまいを、醤油などは付けず、クレソンと一緒にいただきます。

粗く調理された猪のお肉の食感を楽しみつつ、噛むほど味わいが広がる美味しいしゅうまい!これはおすすめですよ。

ジビエと聞くと独特な臭みが気になる方もいるかと思いますが、旨みだけ残し嫌な臭みなどはありませんでした。

焼き鳥おまかせ8本

焼き鳥おまかせ8本(または5本)」を注文すると、最初にテーブルに運ばれてくるマッシュルームスライス。

マッシュルーム好きなので「え、おつまみですか!」という喜びもありましたが、実はこのマッシュルームが焼き鳥と共に進化していきます!

※おまかせは、鶏串・野菜串の本数が決められており、追加で注文することも可能です。

画像下の部位は、鳥の第一胃袋「線胃(通称:ふんどし)」の串焼き。

脂も多く旨味をとても感じる部位で、鶏肉の部位の中で最もピルスナーウルケルと相性が良いのではないか、とのこと。

また「黒胡椒の塩漬け」がめちゃ美味しい。鶏肉と一緒にどうぞ。

・・・そして、おわかりでしょうか。

注文した焼き鳥が、どんどんマシュルームの上に並んで行きます。

つまり、マッシュルームに旨みがどんどん染み込んでいくんですよ!

「焼き鳥おまかせセット」を注文する場合には、基本的には1名1セットで注文してください。肉だけでなく脂の旨みを最後までいただくことができますよ!

「ししとう」と「レバー」。焼き加減が絶妙すぎて、一瞬で串焼きがなくなる・・・!
オーナー
野菜を焼くときには、必ず鶏油(鶏皮やネギを一緒に炒めて出てくる油)を塗ってから焼くようにしています。

野菜の旨味に加え鶏の旨味も感じる仕上がります。

また、野菜は適量の油を塗ることで、焦げずに中までしっかりと火を通すことが可能なんです。

ししとうも、ただの「ししとう串」に終わらないひと手間がありました。

茄子は、熊本の地野菜「肥後茄子」を使用し、鶏油と自家製純米だし醤油を塗って焼き上げています。

あくがなく、皮も柔らかくて生でも食べられる肥後茄子は、ふわっふわな食感と香ばしさがとっても美味しい一串に!

こちらは「鶏のハラミ」。

鶏には横隔膜がないので正確にはハラミではないのですが、横隔膜に相当する筋肉の膜でして1羽から2枚程度しか取れない希少部位。

この串焼きでは、それを4枚も使用しゴマを振って仕上げています。

ピルスナーウルケルとの相性も抜群です!

お肉の大きさもしっかりとあり、食べ応えがある「ねぎま」。

焼き鳥の定番串が後半で存在感を出します!

画像下:本来の1串のサイズ、画像上:1串を半分にしてもらいました

最後に「ズッキーニ串」を!

1串の厚みが伝わりますでしょうか・・・?とろっとろ!旨味もより一層感じやすくなりますね。

焼き芋ブルーチーズ

デザートな印象かと思いきや、おつまみとしても美味しかった「焼き芋ブルーチーズ」。

シルクスイートという品種のさつまいもを使用しており、甘さを感じながらもすっきり食べられる印象です。

バターを塗りゆっくり火を通し、塩味と独特な味わいが特徴的なブルーチーズと一緒にいただきます!

ジビエ串

自家製柚子胡椒と実山椒塩麹づけ
画像上:ウチモモ、画像下:ランイチ

ジビエ串から鹿の「ウチモモ」と「ランイチ」をいただきました。

ウチモモは、お肉とは思えないシャクっとした独特な歯切れの良さが特徴的で、ものすごく美味しい!しっかりと味わいもあり、これは何本でも食べられそうなくらい美味。

ランイチは、より肉感の強い部位で「これぞジビエ!」という印象です!噛めば噛むほど味が広がり、嫌な要素は何も感じませんでした。これもうまい!

オーナー
ジビエは脂質が少ないのが特徴的。脂肪分ではなく筋肉量の違いで旨味が変わります。鉄分やビタミンなどは、牛の2倍、3倍あると言われています!

野菜串から2品

新潟県産「八色しいたけ」と、日本の冬に旬を迎える「オーストラリア産アスパラ(空輸)」。

八色しいたけは、石づきをカットし、その付け根に十字の切り込みをたくさん入れ、醤油をたらします。しいたけの旨味と混ざりあったら完成です!

アスパラは、日本の冬のシーズンにちょうど旬を迎えるオーストラリア産のアスパラを使用。大きく食感も良い上に、味もしっかりしています。

バーで、串焼きとジビエを楽しもう

ピルスナーウルケルを注がせていただきました!

基本的にはバーですので、お酒をのんびり楽しむのも良いでしょう。

ただ、クシクモは料理もうまい・・・!美味しいお酒と美味しい料理が揃っているのであれば、最高としか言えないのではないでしょうか。

ぜひ、料理まで楽しんで欲しいなぁ。

また、ジビエとピルスナーウルケルを楽しめる数少ないお店でもありますので、その組み合わせを堪能してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピルスナーウルケル, 樽生チェコビール」の人気記事