イスタンブールテーブルで空輸のピルスナーウルケルが楽しめる?トルコ料理と一緒にいただいてきました!

大阪・海遊館の近くにある天保山マーケットプレースで、なんと空輸のピルスナーウルケルと出会ってしまったのでいただいてきました!

場所は「イスタンブールテーブル」というトルコ料理と世界のビールを楽しめるお店。

天保山マーケットプレースの公式ページでは「ビールの本場ドイツ・チェコ等の限定空輸ビールも取り揃えています。」との記載もあるので、期間限定ではあるものの定期的に空輸でビールを仕入れているようですね。

詳細を聞きたかったんですが、この日は日本語がちょっと苦手というシェフしかお店にいなかったので聞けませんでした。

とはいえ、料理も美味しかったですしビールとの相性も良かったので、お店をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

天保山マーケットプレースのトルコ料理屋

お店は、海遊館の真正面にある天保山マーケットプレースの2階にあります。

この商業施設の中には「レストラン/カフェ」「フードコート」「なにわ食いしんぼ横丁」と飲食店もたくさん入ってまして、色々楽しめそう。

しかしながら「空輸のウルケルあります!」という言われたら、入らないという選択肢はありませんでした。

お店の内装はかなり作り込まれていまして、世界観抜群!

これがトルコっぽいのかどうかは私にはわかりませんでしたが、こういうお店でビールを飲むのは楽しいですよねぇ。

また、外国人への対応はもちろんのこと、子連れにも優しかったので、料理さえ相性が合えば意外と重宝しそうな気がします。

メニューをチェック!

ケバブを中心としたトルコ料理をメインに、日本ではあまりみない小皿料理などもあり想像以上に楽しい!

独特な味付けだったり、料理にヨーグルトを使用するケースも多く日本とは異なる部分も多いですが、食材自体は日本でも馴染みのあるお肉(豚肉以外)や野菜を使用しており、苦手意識は全くありませんでした。

※ベースは、ハラルフードになっているとのこと。

ビールは、瓶ビールを含めるとかなりの種類を販売しています。

しかし、本場ドイツ・チェコ等の限定空輸ビールは逃すわけにはいきません。

空輸が全てとは思いませんし、移動中及び前後の保管環境にももちろん左右されると思いますが、移動時間が短いほどビールはフレッシュである可能性が高くなります。

しかも、空輸のピルスナーウルケルが880円!!!!

これは飲むしかない。

ピルスナーウルケルとトルコ料理!

まずは、空輸のピルスナーウルケルを。

ピルスナーウルケルは、アルコール度数も4.4%と高くなくて飲みやすく、それでいてしっかりとした香りや味わいを楽しめるビールだと思っています。

元々そう思っていたのに、さらに軽やかな印象だったのですが、これがフレッシュさということになるのかな?!

ビールって奥が深いですね。

日本の大手ビールメーカーの代表的なビールのアルコール度数は、5~5.5%が多め。

そして、以下一緒に注文した料理になります。

チキンケバブ
サラダ

しっかり味付けがされている「チキンケバブ」をはじめ、お肉類は独特な旨味があってビールとも相性良いですね!

ケバブとビールの相性を疑ったことはなかったのですが、町のケバブ屋で買おうとは思わなかったんですよねぇ。

この組み合わせは、癖になるなぁ。町のケバブ屋にもいってみようかな。

サラダは、果物のが入っているとさっぱりしてて美味しいですよね。口の中をリセットする意味でもサラダはあり。

また、ソース(ドレッシング)も美味しかった!

大阪でトルコ料理とチェコビール

限定という記載があるので、常に空輸のピルスナーウルケルがあるわけではないようです。

ただ、なにかしらの空輸のビールはおいてあるのかな?もしそうだとしたら、ポイントは高いですね!

もちろん、他のビールとケバブも相性がよさそうなので気になるお店がまた1つ増えました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピルスナーウルケル, 樽生チェコビール」の人気記事

まだデータがありません。