日本橋・上野エリアで樽生ピルスナーウルケル巡り!3店舗の特徴とあわせてご紹介します。

ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケルのことを投稿していたら、Pilsner Urquell Asia Pacific Head Tapster の Adamからメッセージをもらい一緒に飲みに行くことになったこの日。

タップスターのお店に行くことすら特別な感覚だったのに、まさかタップスターと一緒に樽生ピルスナーウルケル巡り(PU巡り)ができるとは!

光栄な限りです。

初めは「本家のヘッドタップスター」ということで私もかしこまってしまいましたが、ビールを飲んでいるうちに彼のキャラクターもわかり本当に楽しかったです。

ヘッドタップスターは愛されキャラでした・・・!

この日巡ったのは、樽生ピルスナーウルケルのお店3軒、チェコビール1軒、その他1軒の合計5軒。

お礼もかねて、日本橋・上野エリアのPU巡り3軒の様子をご紹介したいと思います!

ピルスナーウルケルがきっかけで、色々なつながりが持てるのは本当に楽しいなぁ。

スポンサーリンク

1軒目:BULVÁR TOKYO(ブルヴァール・トーキョー)

待ち合わせたのは、日本人で初のタップスターとなった佐藤氏のお店「ブルヴァール・トーキョー」。

お店のブランドテーマが「チェコ」ということで、タップスターが注ぐ樽生ピルスナーウルケルとチェコ料理や欧州料理を楽しむことができます。

ピルスナーウルケルの話をたっぷり聞きながらビールを楽しみたい方には特におすすめのお店ですよ!

BULVÁR TOKYOのバーテンダー。限られた方しか注げない「シュニット」も提供可能です!

以前「タップスターがいないと、美味しいビールは飲めないんですか?」ということを聞かれたことがあるのですが、そんなことはありません。

ブルヴァール・トーキョーには、タップスター及びしっかりと指導を受けたバーテンダーのみが提供できる「シュニット」を注げるバーテンダーもいまして、クオリティの高いビールを楽しむことができますよ!

もちろんタップスターのピルスナーウルケルは、言うまでもなく必飲です!

限られた人しか注げない「シュニット(Šnyt)」

左:adam、右:佐藤氏

よりクリーミーでアロマや味わいを感じやすいシュニット。

ピルスナーウルケルがこだわっている「泡」と「香り」を体感できるので、2杯目にぜひ試してみてほしい。

ソーセージのピクルス「ウトペネツ」(水死体と言いう意味らしい。)

安定のポテサラは、ビールにも合うしお腹が空いている時にもピッタリ。

「ここのピルスナーウルケルはクオリティが高い!」と話すAdam。

以前、お店にお邪魔していた時に「日本に届けてくれたピルスナーウルケルを、タップスターとして最善の形で提供できるよう心がけています。」と佐藤さんが話してくれたのをふと思い出しました。

タップスターとしての最善の形を、ぜひ体験してみてくださいね!

▼お店のレポートはこちら

日本橋のビアバー「ブルヴァール トーキョー」でチェコ料理と樽生ピルスナーウルケルを堪能しよう!

2軒目:Smoke&Cheese 上野HAZE

上野HAZE_ピルスナーウルケル03

クラフトビールをメインに、樽生ビールはピルスナーウルケルのみを展開している「Smoke&Cheese 上野HAZE」。

その名の通り燻製料理を得意とするお店で「燻製料理×ピルスナーウルケル」という組み合わせを堪能できます!

この日も、到着するや否やピルスナーウルケルと燻製料理を注文。燻製料理ってピルスナーウルケルと合うなぁ、とか話しながらビールがどんどん進みます。

上野HAZE_ピルスナーウルケル

店長のまっつんさん

正直、Asia Pacific Head Tapsterの前で注ぐのってものすごく緊張しそうですよね。笑

日本の一般的なビールよりも泡が多いので、初めて飲む方は「泡、多め!」ってなるんですが、この泡がポイントなんです。

樽生だからこそ楽しめる泡の魅力を、たくさんに方に体験してほしいです!

上野HAZE_燻製肉盛り合わせ02

合鴨とサラミの燻製が絶品!

上野HAZE_えいひれの燻製

燻製がとっても生きている燻製エイヒレ。これも絶対に食べてほしい1品。

実は、料理が気になりすぎて別日の改めて燻製料理を食べてきました!(もちろんピルスナーウルケルも)

自家製燻製が本当に美味しくて、ビールともよく合うんです!特に「燻製合鴨」「燻製サラミ」「燻製エイヒレ」は、絶品。

▼お店のレポートはこちら

【閉店】燻製好きは必見!燻製料理と樽生ピルスナーウルケルなら「上野HAZE」へ!

アメ横

上野HAZEは、JR御徒町駅側のアメ横の入口近くにお店があります。銀座線・大江戸線も通っているので、アクセスはかなり良さそう!

さて、3軒目はアメ横を北上し上野方面へ!

3軒目:The World End ‐Irish Pub‐

The World End Irish Pub_01 The World End Irish Pub_02

メニューが非常に豊富なアイリッシュパブ。

ゲストビールを含み12~14の生ビールを用意していることもあり、ビール好きにはお勧めのお店!上野エリアで非常に人気のお店で、夜は常に人がいる印象がありますね。

「仕事で遅くなった夜に、サクッとバーカウンターでピルスナーウルケルを2杯くらい飲んで帰る」

仕事で疲れた日には、そんな贅沢もあり。

このお店は、ビールをたっぷり飲みたい時に再訪しようと思っています!

(実は、ピルスナーウルケル以外のビールも大好きな私。ギネスの樽生にも目がありません。笑)

まとめ

ピルスナーウルケルをハシゴする日が来るとは思ってもいませんでしたが、やはりお店の雰囲気や提供する料理など「お店ごとの色」があると楽しさも変わって良いですね!

今後も可能な限りお店を巡ってレポートできたらいいなと思っています。

そんな想いを振り返りながら、チェコ国営の「Budejovicky Budvar(ブドヴァル)」のビールを飲んでブログを更新します。

Special Thanks!!
↓↓
「今日はゲストだから!」ということで、一部ごちそうになっています。
Děkuji za skvělý čas!!

東京で樽生のピルスナーウルケルが飲めるお店をマッピング!(詳細レポートあり)

スポンサーリンク