含有量によって独特な色味を楽しめるウランガラスビーズ

チェコ雑貨

以前、ウランガラスを使用したチェコのガラスボタンについて記事を書きました。今回は、ウランガラスを使用したビーズをご紹介します!

ウランガラスの最大の特徴は、紫外線(UV)にあたると美しい蛍光緑色になること。太陽光でも光ると言われていますが、日本の自然光ではそこまで発色しないと考えられます。

しかし、ウランガラスの含有量や他色と混ざることで独特な色合いが表現でき魅力的なビーズになるんですよ!

アクセサリーなどで使用されることも多く、検索するとたくさん出てきました。

本記事では、ウランガラスビーズの特徴に分けていくつかご紹介したいと思います。

撮影協力:Czech Vintage select shop SAXANA

スポンサーリンク

ベースは緑色

ウランガラスビーズ_09

ウランガラスを使ったビーズ

ウランガラスを使ったビーズは、緑色をベースにした色が多いように感じます。

上の写真でも10種類以上のウランガラスビーズが写っていますが、濃淡があったり、透明度の違い、黄色に近い緑色など「ベースは緑」とは言いつつ、その色の種類は様々。

蛍光緑色に光る姿にフォーカスされることがほとんどですが、ウランガラス特有の「色味」というのも魅力の1つなんです。

ウランガラスビーズ_10

とはいえ、UVライトで照らせば上の写真のように不思議な光を放ちます。最初に見つけた方は、驚いたでしょうねぇ・・・!

「世界中が、ウランガラスが蛍光色になるほど紫外線が降り注いでいる」ということは流石にないと思いますが、地域によっては色の変化を楽しめるかもしれませんね。

ウランガラスビーズを3種類に分けて紹介します

本当にたくさんの種類があるのであくまで一例にしかなりませんが、3タイプのウランガラスビーズをご紹介します。

透明度があるビーズ

ウランガラスビーズ_07 ウランガラスビーズ_08

緑色をベースにと言いましたが、ピンクや青色・黄色といったビーズもありました。

これは個人的な憶測になりますが、ウランガラス自体は含有量に応じて色の濃さを出すことができ、さらに他の色のガラスと混ぜる際に、均一に混ぜるかそうではないかで発色の仕方が変わるのかなと。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、蛍光緑色になる分は肉眼で見るとやはり緑色なんです。

ピンクのハートや青い楕円のビーズがわかりやすいですね。さらに、球体に近い青いビーズはビーズの中が蛍光緑色になっていました。

透明度が低い・乳白色のビーズ

ウランガラスビーズ_03 ウランガラスビーズ_04

花の形のビーズは、花びらの部分に赤い別のガラスが混ざっているので光り方が違いました。

それ以外のものは、均等に蛍光緑色に。

白いビーズも真っ白というわけではなく、オフホワイトともちょっと違うんですよねぇ。まさに独特な色というべきか。

ねじり混ぜたようなビーズ

ウランガラスビーズ_05 ウランガラスビーズ_06

茶色いガラスとウランガラスをねじって作ったかのような模様が特徴的なビーズ。

透明度のあるウランガラスの方が色の変化がわかりやすいので、太陽光で少しでも色が変わったら良いアクセントになりそう。

ウランガラスビーズを使ったアクセサリー

ウランガラスビーズ_02

ウランガラスビーズを使ったアクセサリーをお借りしました。写真ではやはりわかりにくいですが、うっすら緑色になっているのがわかりますかね・・・?

「蛍光緑色に輝いて欲しい!」というのは少々難しいですが、独特な色味を楽しむのも良いかと思います。

もしブラックライトで照らされているような部屋があれば、その存在感は群を抜くこと間違いなしでしょう!

ウランガラスビーズ_01

UVライトで照らしてみた様子もご紹介しておきます。

写真一番左のアクセサリーは、ウランガラスビーズのみ。他の3つは、ウランガラスビーズで挟んでいるイメージ。

最後に

冒頭にも書いた通り、ウランガラスビーズは蛍光緑色になることがフォーカスされていますが、その独特の色合いも魅力の1つ。

特に、乳白色が混ざった色は色味に柔らかさがあり私は好きです。

手に取ることがあれば、ぜひじっくり眺めてみてください。

スポンサーリンク

チェコ雑貨」の人気記事

まだデータがありません。